機動警察パトレイバー 1〜22

ロボットテクノロジーの発達によって登場した汎用多足 歩行型作業機械「レイバー(Labor)」は急速に発展・ 普及し、軍事・民生を問わずあらゆる分野で使用される ようになった。特に東京を含む首都圏では地球温暖化に よる海面上昇への備えとして大堤防を東京湾の川崎・木 更津の間に築くことと、1995年に発生した東京南沖大地 震による瓦礫の処分を兼ねて堤防の内側を埋め立てるこ とで首都圏の土地不足の解消をするという、一石三鳥を 狙った国家プロジェクト「バビロンプロジェクト」のた めに日本国内のレイバーの大半が集中していた。だがそ の結果、レイバーによる事故はもちろん、レイバーを使 用した様々な犯罪行為(酔っ払いの乱闘騒ぎや窃盗から バビロンプロジェクトに反対するエコテロリストによる テロ行為まで)が多発して社会問題となった。 【ウィキペディア引用】
【古本】機動警察パトレイバー 全22巻

機動警察パトレイバーへ

SFアクションマンガの庭トップへ

PR ワンピースのブログ
posted by SFアクションマンガの庭 at 10:53 | 機動警察パトレイバー全22 ゆうきまさみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。